マーケティングツール

MAツール活用

営業ステータス変更&インサイド戻しのシナリオを設計してみた!

Dr.Marketing®には「営業管理」機能があり、各担当者の活動内容&ボリュームを可視化することができます。 今回は、営業管轄だった案件を、インサイドセールス管轄へ戻す際のシナリオについてお話します。 営業ステータス変更&インサイド戻しのシナリオを的確に設定し運用することで、案件の取りこぼしをなくし、受注率を向上させることができます。
News

【プラン改定】MA×SFA統合クラウドサービス「Freshsales Suite」がより導入しやすい価格に変わりました。

MA×SFA統合クラウドサービス「Freshsales Suite」がより導入しやすい価格に変更となりました。 各プラン、より導入しやすい価格になったことに加え、新たに無料プランも登場しました。組織の規模や事業フェーズに合わせてより柔軟にご利用いただけます。
News

【サンプル無料DL可】DXの分析・設計を強力にサポートする『DX航海図作成サービス』の提供を開始しました

BtoB企業向けにマーケティングやIT導入の支援を23年間提供する株式会社アイアンドディーは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を検討されている企業様へ向けて『DX航海図作成サービス』の提供を開始しました。 企業の規模にかかわらず、安価で最適なDXを提供いたします。
MAツール活用

フォーム機能を使ってセミナーアンケートを作ってみた

こんにちは。I&Dブログ管理人です。 このブログでは過去に「メルマガ配信」「ランディングページ」「問い合わせフォーム・サンクスメール」などWEBセミナーに使えるような項目をまとめてきました。 今回は、セミナーを行った後に有効な「アンケートフォーム」作成についてレポートします!
MAツール活用

ステップメールを使ってみた

Dr.Marketingには基本的なメール機能のほかに「ステップメール」があります。 ステップメールは、セミナー開催日や問い合わせ日時など、ある時点を起点にあらかじめ設定しておいた内容のメールをスケジュールに沿って順次配信するシステムです。 最初の設定だけで、その後の自動配信を順次続けてくれるため、Webセミナーを運営する際の受講票や、特定のアンケート回答への別途メールへ利用すると、作業を自動化できて大変便利です。
MAツール活用

予備項目(フラグメント)機能を使ってみた!

Dr.Marketing®では、法人、個人、履歴の三階層で情報を管理しています。そして、それぞれにお客様独自の項目を設定することができる、「予備項目」という機能があります。 自社固有の項目設定に、またイベントアンケートフォームの設定・集計にと、幅広く使える予備項目機能について詳しくお伝えします。
MAシナリオ

中小企業がMAツールを使って実施するべき Webセミナー施策まとめ。- その2 Webセミナー活用の具体例 –

MAツールを使った販促実行シナリオについて集中連載をする第4回。 前回は「Webセミナーの利点や活用シーン、GOAL設計」をまとめさせていただきましたが、本稿では中小企業における有効な「Webセミナー活用の具体例」についてレポートをさせていただきます。IT補助金等を活用し、本年度に弊社MAツールをご導入いただいたお客様の事例となります。 「わが社におけるマーケティング&営業革命!」とまで言わしめた、Webセミナー活用。はたして、どんなものだったのでしょうか?
MAシナリオ

中小企業がMAツールを使って実施するべき Webセミナー施策まとめ。- その1 Webセミナーの利点整理 –

MAツールを使った販促実行シナリオについて集中連載をする第3回。 中小企業における「Webセミナー活用」について整理いたします。Webセミナー/ウェビナーをいかにしてマーケティング活動・営業活動の中に組み入れていくのか?について、実際にご支援した中小企業様の事例をもとにご案内させていただきます。 「Webセミナーをまだ活用したことがない」という中小企業の方も多いと思いますので、まずはWebセミナーの利点や活用シーン、ゴール設計について具体的な情報提供をさせていただこうと思います。
MAツール活用

インサイドセールス担当が発掘案件を営業にパスしてみた!

インサイドセールスによってアポイント獲得した際、どのようにフィールドセールスにパスするかについてご案内します。営業との間でアポイント基準をしっかり共有しておくこと、BANTC聴取の結果をきちんとログに記載しておくことなど。ナーチャリングの実践例をお伝えします。
MAツール活用

ファイルBOXを使って資料送付メールを配信してみた

こんにちは。I&Dブログ管理人です。 DrMではファイルBOXに動画マニュアルやPDFなどの資料をアップすることで、メールに資料として差し込み、配信することが可能です。ファイルBOXは普段使用しているメールの添付ファイルと同じような役割ですが、データをブラウザで開くため、通常の添付ファイルでは容量が重すぎて送れない資料も配信することが可能です。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました